MENU

ノルバスクのジェネリックについて

ノルバスクは後発医薬品、つまりジェネリック医薬品も幅広く流通しています。

 

定期的に服用している方は、ノルバスクのジェネリック医薬品を個人輸入などで入手すれば、病院で処方されるよりもあきらかに経済的に入手できることでしょう。

 

ノルバスクをジェネリック医薬品タイプに変更する場合に注意すべき点があります。

 

薬事法で認められた投与方法をからも推察できますが、ノルバスクは消失半減期が非常に長くなっています。

 

全ての後発医薬品、ジェネリック医薬品は発売されるにあたって、先発品と生物学的に同等であることが必須条件とされていますので、多くの場合問題はないと思われます。

 

ですが仮に何かしらの体調変化が出てくる場合、それは非常にゆっくりとしたものであることが考えられます。ノルバスクの薬効がそのような特徴をもっているからですね。

 

ノルバスクを後発医薬品、ジェネリック医薬品へ変更した場合は、変更後数日から数週程度のスパンでフォローしてゆく必要があると思われます。

 

服用に当たっての注意点は、高血圧症の方は2mgから4mgを1日に1回服用するのが基本ですが、重症の高血圧症の場合は4mgから8mgまで服用します。

 

主な効能は、高血圧症や腎実質性高血圧症、狭心症の治療に効果がみられます。

 

全身の血の流れを改善するのです。

 

主な副作用としては顔のほてり、動悸、めまいなどの副作用が出やすいようです。

 

重い副作用が出ることは滅多にないのですが、長期的な服用により歯肉の腫れや足の甲のむくみが出やすくなる場合もあります。

 

どちらにしても、ノルバスクの服用に馴れきっていて、『飲み方をわかっている』という方は、ジェネリック医薬品に切り替えたほうが確実に安く購入できることは間違いありません。

 

医師の診察や薬剤のアドバイスなども不要、という方は、是非ノルバスクをジェネリックタイプに切り替えてみてはいかがでしょうか。

 

病院で処方してもらおうとすれば、その診察料はなかなか無視できない額になるでしょう。

 

個人輸入が認められているノルバスクですから、ジェネリックタイプでお得に服用してみてもよいのではないでしょうか。

 

ノルバスクのジェネリック

 

 

ノルバスク通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。