MENU

ノルバスクとデュオバンの比較

降圧剤として幅広く使われているノルバスク。

 

しかし、最近になってノルバスクからディオバンに処方薬を変更するという方が増えてきている。

 

予め断わっておくと、これはディオバンを薦めるという内容ではなく、単純な比較とその理由です。

 

ノルバスクは現在日本で最も広く使われている降圧剤で、カルシウム拮抗剤に分類される薬です。

 

末梢血管を拡張する作用があり、血圧を下げる働きがあります。

 

対してディオバンは、アンジオテンシンU受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧剤です。

 

バルサルタンを主成分としており、降圧剤に特に多く見られる“咳”が少ない事で知られており、効果の持続力が高い為、一日一回の服用で済む特徴があります。

 

ノルバスクからディオバンへ処方薬を変更する人の多くは、ディオバンが持つ幾つかの複合的なメリットを理由としている可能性が高いのではないかと思われます。

 

前述した通り、ディオバンは一日一度の服用で済む為、体に与える負担が少なくなるというメリットがあるかと思われます。

 

また、ディオバンにはメタボリックシンドロームを予防する効果もあると報告されており、これも服用に際して大きなメリットになると言えるでしょう。

 

また、ノルバスクを含むカルシウム拮抗剤の投与に加え、ディオバンを投与した場合、ディオバンを投与しなかった場合と比べ、狭心症・心不全・大動脈瘤の発生確率が大幅に低下したそうです。

 

これらの理由により、ディオバンが非常に優れた効果を発揮する降圧剤である事は言うまでも無いのですが、かといって必ずしもディオバンがノルバスクに勝る薬であるかというとそうでもありません。

 

ここまでに述べたディオバンの効果の高さは、間違いなくノルバスクからディオバンへ処方薬を変更する方の理由の一部であるとは思われますが、薬にはそれぞれ適した症状と適さない症状という物があります。

 

ディオバンとノルバスクにもそれは言える事で、副作用について考えれば答えが見えてきます。

 

ノルバスクには、鬱血性心不全、肝機能障害,黄疸といった重い症状の副作用が起こる可能性があり、これらの発症の可能性がある患者さんや、既に発症してしまっている患者さんに投与する事は出来ません。

 

対して、ディオバンには、強い眩暈、頭痛、疲労感に加え、効き過ぎた場合には一過性の意識障害などが起こる可能性があり、腎機能の悪化や味覚障害、肝機能値の異常などが起こる危険性も孕んでいます。

 

つまり、両者互いに使用に注意が必要な症状が異なり、適応症も違う為に降圧剤としての効果比較は出来ても、使用出来るか否かは別問題なのです。

 

一概にノルバスクがディオバンに劣る降圧剤であるとは言えませんので、最終的な判断は医師の診断に基いて行なわれるべきであると考えます。

 

ノルバスクのジェネリック

 

 

ノルバスク通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。