MENU

ノルバスクのグレープフルーツの影響について

カルシウム拮抗剤の中でも「ノルバスク」はグレープフルーツの影響を受けにくいです。

 

カルシウム拮抗薬と成分が違うなどといったことではなく、薬物の代謝に関係していることなのです。

 

代謝というのは身体にとって本来は異物である薬を、他の形、例えば尿により溶けやすい形に変換してしまうといった、私たち人間に本来備わっている機能です。

 

その機能の多くは肝臓で起こる現象です。ところで、この代謝というものが機能するときにはには「代謝酵素」という体内酵素が必ず働いています。

 

この酵素が薬の分子にとりつくと、化学構造の一部を変換し、身体の外に排泄されやすい形に変えていくのです。

 

体内にはこのような働きをする酵素が、まだ未発見のものを含めて「万レベル」の単位で存在するのではないかと、医学界では考えられています。

 

そのような酵素の中でチトクロームP450という名称で呼ばれる酵素の大集団があります。

 

この名称で呼ばれる酵素はその働きによってたくさんの種類に別れるので、大集団という表現が適しているのですが、このグループの中の酵素のひとつにCYP3A4という薬学界に関わる人間なら誰でも知っている超有名な酵素があります。

 

何故有名かというと、この酵素はものすごく沢山の薬剤の代謝過程に関係しているからです。

 

その中には、抗生物質、免疫抑制剤、抗ガン剤など、デリケートな薬剤も含まれています。

 

そして、カルシウム拮抗薬の多くのものもこの酵素で代謝されてしまうのです。

 

この酵素の働きはグレープフルーツに含まれるフラボノイドと呼ばれる種類の物質が働きを阻害してしまいます。

 

酵素の働きが阻害されると体内に不必要に多くの薬物が存在することになります。

 

隠れていたその薬物の毒性などが出現してしまう事態にもなりかねません。薬剤の種類によっては非常に危険な事態となってしまいます。

 

ノルバスクがCYP3A4で代謝を受けないということは、服用時にグレープフルーツジュースの影響を受けにくい、つまりとても使いやすい薬剤であるということなのです。

 

ノルバスクのジェネリック

 

 

ノルバスク通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。