MENU

ノルバスクと飲酒の関係

ノルバスクを服用中のときは、飲酒を控えるようにしてください。

 

アルコールとノルバスクの飲み合わせから、動悸やめまいなどの副作用が強力になりますので、体をいたわって飲酒しないのが一番です。

 

ノルバスクで副作用が出やすいというと、他には年齢が高い患者さんがあげられます。

 

初めは少ない分量から摂取していき、様子を見ていくことになるでしょう。

 

医師からの指示に従ってください。

 

ノルバスクとの飲み合わせという意味では、飲酒以外にグレープフルーツジュースも避けた方がいい飲み物です。

 

医薬品を服用するときに、一緒にぬるま湯や水を飲むことはありますが、その際の水分にグレープフルーツジュースを選んでしまうと、ノルバスクの血中濃度が高まってしまう危険性があるので止めてください。

 

ノルバスクと併用して、利尿薬や別の降圧薬を摂取すると、血圧が必要以上に下降してしまうことが考えられますから気をつけましょう。

 

ノルバスクとの飲み合わせ次第で、この医薬品の血中濃度が高くなりすぎることが考えられます。

 

具体的には、心臓病や高血圧の治療薬であるヘルベッサー(ジルチアゼム)や、抗真菌薬のイトリゾール(イトラコナゾール)、抗生物質のクラリシッド・クラリス(クラリスロマイシン)、エリスロシン(エリスロマイシン)などです。

 

血中濃度を反対に下げ過ぎてしまうことが考えられるのは、抗けいれん薬のテグレトール(カルバマゼピン)、ヒダントール・アレビアチン(フェニトイン)、フェノバール(フェノバルビタール)、抗結核薬のリファジン(リファンピシン)などです。

 

安全に治療を進めていくために、血液検査や心電図検査を受ける病院もあります。

 

副作用が出ていないかなどしっかり確認してもらえるのは、心強いですね。

 

1つの症状を治療するために別の病気を発症しては、いつまでたっても健康になれません。

 

用法や用量、検査など、医師の指示を守って、狭心症や高血圧症の改善をしていきましょう。

 

ノルバスクのジェネリック

 

 

ノルバスク通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。