MENU

ノルバスクの禁忌について

ノルバスクの服用にあたって、どのような禁忌があるのでしょう。

 

妊娠中の女性は、基本的に禁忌とされていますが、さほど危険というほどではないようです。

 

病院で診断を受け、別の降圧薬を試してみて効果が現れなかったときなどに、処方されるケースが考えられます。

 

狭心症や高血圧症と診断を受け、妊娠中の方や妊娠の可能性があるときには、受診するときに医師に申し出ておいた方がいいでしょう。

 

患者さんが、もしジヒドロピリジン系化合物に過敏症の既往歴を持っている場合も、禁忌とされています。

 

ノルバスクを用いた動物実験の結果より、妊娠中の方やその可能性があるときは、禁忌となっているようです。

 

妊娠末期の動物にノルバスクを投与したところ、分娩時間が長引いたり、妊娠期間が延びたりすると確認されました。

 

どうしても妊娠中の女性にノルバスクの摂取が必要なときには、授乳をしないようにという指導を受けるようです。

 

これも動物実験が行われ、母乳中に移行すると確認されたためです。

 

ご自身の体のためだけでなく、お子さんの健康維持のことも考えて、医師の指導はしっかり守っていきたいですね。

 

ノルバスクは、小児・幼児・乳児・新生児・低出生体重児への使用経験が少ないことから、安全性が確立されていません。

 

ノルバスクは、血圧が極端に低すぎる患者さんが服用すると、狭心症の治療が目的の場合などでも、もっと低い血圧になってしまうことが考えられます。

 

肝機能障害を患っている場合にも、投与に慎重さが求められます。

 

肝で主に代謝されるという特徴を持った医薬品であるためです。

 

肝機能障害のとき、血中濃度、AUC(時間曲線下面積)が増えたり、血中濃度半減期が延びる場合があるので、10mgなどの多い用量の摂取では、副作用が生じやすいといわれています。

 

増量をするとき、慎重に行うことが大切です。

 

不安なことや気がかりな点があれば、随時医師に訪ねてみるのが一番です。

 

十分に納得した上で、病気の治療に専念していきましょう。

 

ノルバスクのジェネリック

 

 

ノルバスク通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。