MENU

ノルバスクを通販で安全に購入する

所謂“カルシウム拮抗剤”の一種『ノルバスク』についてです。

 

ノルバスクは細胞内にカルシウムが流入することを防ぎ、冠血管や末梢神経を弛緩させ、血圧を低下させたり狭心症の発作を起こり難くする作用のある薬です。

 

主に高血圧や狭心症の治療に用いられ、脳卒中や心臓病、腎臓病の予防にも使用されます。

 

全身の血流を良くする効果が期待出来る為、その使用用途も多岐に渡り、様々な場面で処方される可能性があります。

 

同類の薬の中ではゆっくりと効き始めるといった特徴があり、長時間効果が持続する他、安全性が比較的高いとされている為、好んで使用する医師が多いです。

 

特に、高血圧症の治療に高い効果を発揮するので、第一選択薬として広く普及している薬です。

 

ノルバスクは、医師の診察・処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められており、個人輸入代行業者などから通販による購入が可能なお薬で、日本国内ではドラッグストアなどで購入する事は出来ません。

 

この薬の服用に際して、注意が必要な点は以下の通りとなっています。

 

肝機能障害や腎機能障害がある方は、必ず医師に相談して下さい。

 

また、他の降圧剤や利尿薬と併用すると血圧の下がり過ぎてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

その他、妊娠中や授乳中の人は医師や薬剤師に相談して下さい。(妊娠中の方や授乳中の方は、胎児や赤ちゃんへの影響など安全性が確認されていません)

 

また、服用に際して血圧が下がる為、結果として眩暈やふらつきなどが起こる可能性があります。

 

その為、服用中は高所での作業や車の運転などに注意が必要で、可能であれば避けるようにして下さい。

 

この薬の副作用として起こり易い物は以下の通りとなります。

 

眩暈・ふらつき、頭痛、頭重、動悸、発疹、痒み、蕁麻疹、光線過敏症、多形紅斑、血管炎、血管浮腫、顔や体の火照り、連用により歯肉肥厚の可能性もあります。

 

この他、全身の倦怠感や食欲不振、また肝機能障害、黄疸を原因とする皮膚や白目の黄色い着色が起こる可能性もあります。

 

血小板が減少し、出血し易くなり、止まり難くなるといった現象も起こり得ます。

 

白血球の減少で喉の痛みや発熱、頭痛が起こる可能性もあります。

 

徐脈、失神が起こる可能性も否定出来ませんので、服用中には家族・知人・職場の同僚などにもノルバスクの副作用についてある程度知っておいて貰うと良いでしょう。

 

最後に、ノルバスクは通販で手軽に購入する事が出来る高血圧治療薬ですが、無闇に乱用する事をせず、用法用量を必ず守って服用して下さい。

 

個人輸入による服用の場合は、自己責任で使用する事になります。

 

ノルバスクのジェネリック

 

 

ノルバスク通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。