MENU

ノルバスクを個人輸入するときのコツ

ノルバスクは、世界で一番利用されている降圧剤です。

 

ジェネリック医薬品であるため、個人輸入することが可能性です。すでにノルバスクを服用中で、使い慣れたという方であれば、ノルバスクを個人輸入すると大変経済的でしょう。

 

個人輸入するといっても、実際に自分で外国から買い付けを行うことは大変困難ですから、実際は個人輸入の代行業者に委託することになると思います。

 

なぜかというと、医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を事業として輸入する場合は、厚生労働大臣の許可が必要です。

 

ですが、個人が自分で使用するために医薬品等を輸入することは認められています。

 

厚生労働大臣の許可などは必要ないのです。

 

しかし、個人の使用目的のために輸入できる数量は制限があります。

 

さらに個人輸入した医薬品を販売・譲渡することはできません。

 

個人輸入は認められていても、直接外国から輸入する場合は、外国語の問題や、支払方法等で容易ではありませんよね。

 

この個人が輸入することを、専門業者に依頼して代行してもらうことを「個人輸入代行」と呼んでいます。

 

個人が自分で使用するために輸入する場合又は海外から持ち帰る場合は、輸入できる数量は制限されています。輸入代行で依頼する場合も同じです。

 

医薬品又は医薬部外品は2ヶ月分以内というルールがあるのです。

 

また、あくまでも個人で輸入したことになるために、責任も自己責任となります。

 

さすがにどのような業者でも安全性に問題のある医薬品や化粧品は取り扱わないようになっているのです。

 

事業者によってはキャンセル対応をサービスとして取り入れているところもあります。

 

ノルバスクはジェネリック医薬品として世界各国で幅広く流通しています。

 

そのため、このように個人輸入代行業者も幅広く取り扱っていると考えられます。

 

参考までに私がお世話になっている通販サイトを以下に紹介してみたいと思います。

 

ノルバスクのジェネリック

 

 

ノルバスク通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。